Entries by admin

信託のメリット

何百年もの間、信託は財産管理のためによく使われる方法でした。事実が複雑でも、どんな背景があっても、信託の基本的な原則は同じです。財産の保有者、つまり委託者がいて、財産を管理する委託者、そして財産を得る受益者がいるということです。管理人は、血縁関係になくてもいいし、法人でも問題ありません。 信託財産となった財産は、どう扱われるのでしょうか。信託とは、委託者が信託行為(例えば、信託契約や遺言)によって、信頼できる人(受託者)に対してお金や土地、建物などの財産を移転します。つまりこの時点で法律的には財産の権利が受託者に移ります。そして受託者は委託者が設定した信託目的に従って、受益者のためにその財産(信託財産)の管理・処分を行います。 メイヤー・インターナショナル(タイ)のリチャード・ケインは、長年のファイナンシャルコンサルタントとしての経験において、信託制度の活用方法をお客様にご提案してきました。 信託目的 委託者が信託することによって達成しようとする目的です。信託目的は、自由に決めることができます。ただし、違法なことを目的にすることはできません。 信託財産 委託者が受託者に信託する財産です。お金、株式、債券といった有価証券のほか、土地や建物といった不動産、特許権や著作権といった知的財産権を設定することも可能です。 委託者 信託財産を受託者に信託する者です。 受託者 委託者から財産を引き受け、信託の目的に従って、管理・処分します。血縁関係でない個人でも設定可能です。銀行・信託銀行・会社(法人)でも問題ありません。 受益者 信託財産から生じる利益を得る者です。受益者は誰でもなることができます。委託者自身が受益者になることもあります。 信託の分類 信託は、その目的、設定方法、受託財産の種類、信託終了時の信託財産の返還方法や運用方法などにより分類されます。 まず、受託財産が金銭である場合の金銭の信託と、金銭以外の金外信託とにわかれます。 また、金銭の信託は、運用方法により分類されます。運用の目的物を具体的に特定する特定金銭信託、運用の目的物の種類を指示する指定金銭信託があります。金銭の信託の代表的なものとしては、退職年金などがあり、金外信託の代表例としては、有価証券があげられます。   お問い合わせはこちらまで。 日本アジアウェルスマネジメント 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561.   リチャード・メイヤー・ケイン カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。 ロンドンに上場するアジア・ウェルス・グループの代表取締役。東京で、メイヤーグループの代表を15年務めた後、現在アキコ夫人と二児とともにバンコク在住。 リチャード・ケインは、アジアにおける資産マネジメントについて、19年以上の実績を持つ。日本人に対しても、国際税務、資産管理に関するコンサルティングを行う。  

投資に役立つ10のポイント

メイヤー・インターナショナル(タイ)のリチャード・ケインには、賢い投資のための10ポイントを列挙しました。リチャード・ケインの長年のファイナンシャルコンサルタントとしての経験に基づいて書かれています。 1 リチャード・ケインは、米国株が1928年から2013年の間に急激に増え、それら20%以上が、20倍もの価値になったことを挙げています。基本的なことを知っていれば、ボラティリティを恐れることはないのです。ただ単に投資する前に、不確定要素をしっかりと調べるべきだというアドバイスを受ける投資家もいらっしゃるでしょう。実際、予測できないマーケットほど、情報効果が高いものです。 2 タイミングは投資にとって非常に重要なものです。タイミングをつかめば、非常に有利になります。株を売るときにはぜひこのことを思い出してください。常に利益を狙うことは、時に投資家を殺すことにもなりかねません。 3 ヴァンガードによると、S&P500に評価されている70%以上のミューチュアルファンドが、ここ20年でパフォーマンスが落ちているとのことです。プロの投資家という言葉は、時に注意が必要です。リチャード・ケインには、なぜ優秀なマネージャーがチャンスを物にできるのかを知ることが重要だといいます。 4 バンクオブアメリカによると、1980年以来、40%の株式が、「大きな損失」に苦しんでいるといいます。少なくとも70%がリカバーしていないとのことです。株は予期せぬ事態で下落するのです。 5 金融史を見てみると、10年前までしか遡ることをしていないように見えます。時間が解決してくれる、という諺がありますね。時は様々な問題を解決してくれますが、同時に、重要な教訓も忘れさせてしまいます。例えば、2007年から2009年の危機など、主な金融危機は、すぐに忘れられます。70年代から80年代のハイパーインフレも。 6 製薬会社や清掃業者、建設資材会社のような退屈な会社の株式は、長期的な投資に適しています。最も斬新なものは、最悪であることが多いです。過去30年に遡って、このような株の動向を見てみるのも面白いかもしれません。 7 もし全ての投資家がマーケットに影響を与えようとしたとしても、その努力は無駄でしょう。しかし、全ての投資家がマーケットに影響を与えないようにしたとしたら困ります。マーケット情報になんの価値もなくなってしまうからです。解決方法としては、新しい知識を得、お金を動かすエキスパートを持つことです。 8 オレゴン大学のエコノミスト、ティム・デュイ氏によると、「赤ちゃんがいる限り、資本償却、技術革新、嗜好は変化するものだ。成長への強い機動力が生まれるからだ」。これはよいアドバイスです、しかし、人口減、生産力減の日本株のようなものへの投資については、あてはならないかもしれません。日本株は20年以上下がり続けています。 9 大不況のときに株式を持つことがおすすめです。2009年に始まった3年間の大不況は、経済に大きな影響を与えました。多くの人たちが、大損は避けられないと思ったときが、大きなリターンを得るチャンスであることもあります。長期間の予測は、金融アナリストにとって、最も関心のある事項です。株が最安値のときに、少しでもいいので、株式を買ってみれば、いつか大きなリターンを得ることができるかもしれません。 10 学術研究によると、トレーダーが最も儲かっていないとのことです。トレードも一つの手段ではありますが、投資としてはよいアイデアではありません。   お問い合わせはこちらまで。 日本アジアウェルスマネジメント 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561.   リチャード・メイヤー・ケイン カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。 ロンドンに上場するアジア・ウェルス・グループの代表取締役。東京で、メイヤーグループの代表を15年務めた後、現在アキコ夫人と二児とともにバンコク在住。 リチャード・ケインは、アジアにおける資産マネジメントについて、19年以上の実績を持つ。日本人に対しても、国際税務、資産管理に関するコンサルティングを行う。

ヘッジファンド

ミューチュアルファンドやヘッジファンドにおいて、ファンドマネジャーというのは非常に重要な役割を果たしています。金融市場の様々な動向にかかわらず、絶対的な利益を追求し、投資家に還元しなければなりません。ヘッジファンドのマネージャーは、ミューチュアルファンドよりは若干の融通が利きます。メイヤー・インターナショナル(東京)のリチャード・ケインは、ヘッジファンドコンサルタントとして長い実績を持っています。 ヘッジファンドの魅力は、なんといっても、高いリターンが期待できることでしょう。良いヘッジファンドを見分けるコツは、優秀なファンドマネジャーが運用していることと、良いコンサルタントを持つことです。メイヤー・インターナショナルのリチャード・ケインは、ヘッジファンドに投資する際のコンサルタントとして最適です。 高いリターンの可能性 高いリターンは、絶対ではありません。その可能性は秘めているということです。多くのヘッジファンドやミューチュアルファンドがそうです。高いリターンを得るためには、優秀なファンドマネジャーと、自らの投資戦略が重要です。メイヤー・インターナショナルのリチャード・ケインのような、熟練のコンサルタントのアドバイスが非常に需要なカギを握ります。優秀なコンサルタントは、ファンドマネジャーの優秀さ、ファンドマネジャーの戦略を日々研究しています。そして、投資するベストなタイミングを常に探しているのです。メイヤー・インターナショナルのリチャード・ケインにお任せください。 タイムリーな戦略 ヘッジファンドにおいて、タイムリーな戦略というのは非常に重要です。CSFBクレモントのようなデータサイトで、90年代からのヘッジファンドのパフォーマンスを調べることができます。1994年 1月から2000年9月の間、マーケットが荒れ、S&P500インデックスは、主要なヘッジファンドが毎年6%後退すると予想しました。この期間、ヘッジファンドは戦略を変えました。例えば、短期の取引を連発するなどです。マーケット予想が上昇傾向であれば、ヘッジファンドの動きがどうなるか、見極めなければなりません。マーケットが下降気味のときは、ヘッジファンドは強い味方になるでしょう。ヘッジファンドへの投資にご関心がある方は、メイヤー・インターナショナルのリチャード・ケインにお問合せください。 多様性のメリット ヘッジファンドに投資する際、多様性が重要なポイントになります。ポートフォリオを見直し、リスクとメリットを分散させましょう。ヘッジファンドは、空売りを行うことができます。このことにより、市場の動向と関連しない利益の追求が可能となります。よって、市場の動向を見ているだけでは、ヘッジファンドのパフォーマンスや良し悪しはわからないのです。   お問い合わせはこちらまで。 日本アジアウェルスマネジメント 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561.   リチャード・メイヤー・ケイン カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。 ロンドンに上場するアジア・ウェルス・グループの代表取締役。東京で、メイヤーグループの代表を15年務めた後、現在アキコ夫人と二児とともにバンコク在住。 リチャード・ケインは、アジアにおける資産マネジメントについて、19年以上の実績を持つ。日本人に対しても、国際税務、資産管理に関するコンサルティングを行う。  

短期的な投資のすすめ

奥深い金融の世界において、マネーマーケットファンドは人気の投資方法です。公社債を中心に投資するため、比較的安全なことや、短期間で投資できることができるからです。1年以内ということもあれば、最短で30日から90日で満期というものが一般的でしょう。マネーマーケットファンドは、ものすごく長期ではないけれど、当分の間はまとまったお金を使う予定がない人にちょうど良い投資方法だといえるでしょう。メイヤー・インターナショナル(タイ)のリチャード・ケインにご相談いただければお手伝いいたします。 安定性 マネーマーケットファンド(MMF)がどのように設立されたか、その経緯を知ることは重要です。公社債を中心とする安全性の高い債券で運用を行う金融商品です。日本国内の公社債で運用する日本円MMFと、外国で運用を行う外貨建てMMFがあります。 MMFの最大のメリットは、その高い安全性で、元本割れが発生しづらい点です。 また、1口=1ドルから売買できるため、銀行預金に似た性質を持っている点も挙げられます。ご関心がある方は、メイヤー・インターナショナルのリチャード・ケインにお問合せください。 利回りなど MMFは利回りをみると魅力的ですが、取引には為替手数料が発生するので、短期的な運用では損をする可能性があります。 為替手数料は、MMFを扱う証券会社によって異なるものの、一般には高利回りの外貨MMFほど為替手数料も高額になります。メイヤー・インターナショナルのリチャード・ケインによると、利回りの高さで人気の豪ドルやニュージーランドドル、トルコリラはスプレッドが大きいので注意が必要です。 リスク MMFは購入後短期間で、いつでも引き出せるというのが魅力の一つです。 では安全性重視のMMFに投資しておけば、少しずつでも増えるだけで、リスクはないのでしょうか。それは違います。過去には元本割れをしたファンドもあります。特にサブプライムショックやリーマンショックのような世界的金融危機のときはあらゆる金融市場が壮絶な下落を遂げました。メイヤー・インターナショナルのリチャード・ケインは、そのような事態が起きてもリスクを減らす運用をご提案しています。MMFに投資したからなにも心配はなくあとは稼ぐだけだとのんびりしているのは正しくありません。投資の世界に自分の資産を投じたからには、メイヤー・インターナショナルのリチャード・ケインのようなプロに運用を任せ、経済状況や世界の状態に常に関心を抱き、引き際などをわきまえておくべきでしょう。 お問い合わせはこちらまで。 日本アジアウェルスマネジメント 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561.   リチャード・メイヤー・ケイン カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。 ロンドンに上場するアジア・ウェルス・グループの代表取締役。東京で、メイヤーグループの代表を15年務めた後、現在アキコ夫人と二児とともにバンコク在住。 リチャード・ケインは、アジアにおける資産マネジメントについて、19年以上の実績を持つ。日本人に対しても、国際税務、資産管理に関するコンサルティングを行う。  

ウィークリーレポート 2014年12月16日

メイヤー・インターナショナル(タイ)のリチャード・ケインは、株投資家にとって先週がいかに寂しい1週間だったかについてコメントを寄せています。世界経済は、減速の兆しを見せています。中国の経済指標の低下、世界の石油の需要が下がったことによる価格下落、中国の負債の増加、欧州経済の政治問題。今週は、米国とその他の国々のファンドフローの違いが顕著に表れた週といえるでしょう。リチャード・ケインによると、米国の外貨ファンドは、25万ドル集めたのに対し、欧州のそれは、16万ドルにとどまりました。 欧州の株式投資家にとっては、ギリシア株の影響で、非常に厳しい週となりました。左翼連合が大統領選に勝利する可能性があったためです。ギリシアの株式市場は18.6%も下落し、債券の売りが強まりました。欧州の株式市場は、世界の経済の失速の影響も大きく受けています。 リチャード・ケインは、米国の株式市場は土台がしっかりしていますが、世界の経済の失速の影響を受けないわけではないと考えています。S&P500の指標は、技術、エネルギー株の下落の影響を受け、5週連続で下落しています。ボラティリティは2013年6月から20ポイントも上がりました。エネルギーへの懸念の影響で、売りが一気に強まりました。11月末のOPECの会合以降、エネルギー株の動きが激しくなっています。 原油価格は常に、世界経済の中心的な役割を果たしています。原油価格の下落は、世界経済の減速と、今後の成長の可能性を表しているかのようです。 リチャード・ケインは続けます。私たちは、一部の国(中国など)のエネルギー消費の縮小を見つつも、今後も消費が続くことを期待しているのです。それは、債券市場がエネルギーに大きく依存しているからです。 今週のもうひとつの大きな出来事は、日本の安倍総理が再任されたことです。リチャード・ケインは、アベノミクスを受けて日本株は上昇すると見込んでいます。今週は、ギリシアの大統領選挙が控えています。どの政党が政権を取るかで事態は大きく変わってきます。ギリシアの政治が欧州に与える影響、ユーロはどうなるのか?注目する必要があるでしょう。リチャード・ケインは、欧州には過激派は存在するにしても、往々にして過激派が政権を握ることは少ないと考えています。 欧州中央銀行(ECB)は長期的な財政計画を打ち立てようとしています。リチャード・ケインは、欧州中央銀行の政策によって、投資家は戦略を練ることができると考えています。   お問い合わせはこちらまで。 日本アジアウェルスマネジメント 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561.   リチャード・メイヤー・ケイン カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。 ロンドンに上場するアジア・ウェルス・グループの代表取締役。東京で、メイヤーグループの代表を15年務めた後、現在アキコ夫人と二児とともにバンコク在住。 リチャード・ケインは、アジアにおける資産マネジメントについて、19年以上の実績を持つ。日本人に対しても、国際税務、資産管理に関するコンサルティングを行う。

ウィークリーレポート 2014年11月24日

メイヤー・インターナショナル(タイ)のリチャード・ケインは、今週は世界の株式市場にとって、特に欧州市場にとって強い週となったと述べています。経済状況の回復を示す指標が発表されたことにより、欧州市場は3%上昇しました。米国株、英国株も同様に1・5%上昇した一方で、アジア株は動きなしでした。これらの動きの主な要因は、原油価格です。アジアでの原油需要の下落が、アジア株の上昇を妨げたものとみられます。原油価格は、1バレル80ドルとなっており、ここ数か月で30%下落しました。今週ウィーンでOPEC会合が開かれましたが、原油需要の失速に対する見通しを払拭することはできなかったようです。 リチャード・ケインは、経済を動かす原油に代わる要因について検討することが重要だと考えています。リチャード・ケインは、米国のガソリン価格の下落も経済に大きな影響を及ぼすと考えています。 リチャード・ケインは、中国の人民元切り下げは、市場によい影響を与えると考えています。中国の人民元は、株式市場、パフォーマンス、中央銀行などにとって重要な影響を与えます。 欧州では、欧州中央銀行のドラギ総裁の施策が注目されます。欧州中央銀行は、来年早々にも、担保を増額する見込みです。 リチャード・ケインは、豪ドルが高い水準にことにも注目しています。一層の豪ドル安が必要となる可能性が高いと述べるなど、RBAは、相場を豪ドル安に向かわせるための発言を強化しています。RBAによる豪ドル押し下げへ向けた更なる取り組みや発言が今後も予想されますが、RBA は、豪ドル高を懸念していることから、豪ドル相場への口先介入が失敗すれば、更なる利下げに踏み切る可能性があります。 世界経済は、今後も緩和的な金利政策が継続するとリチャード・ケインは予想しています。QE縮小の影響は、過激派の強いフォワードガイダンスで相殺される可能性が高いでしょう。これと世界経済の成長回復の見通しが相俟って、株式市場にとって極めて好ましい環境が形成されると見込まれます。 米国の経済指標は概ね良好な結果となりました。非農業部門雇用者数は市場予想を大きく上回り、10 月のISM 非製造業景況指数も上昇、その他の先行指標も引き続き上昇となったほか、7–9 月期のGDP 成長率は予想を上回る高い伸びを示し、FBR が発表した融資担当者四半期調査では銀行貸出基準の更なる緩和傾向が示されました。一方、住宅ローン申請指数は引き続き低迷しました。   お問い合わせはこちらまで。 日本アジアウェルスマネジメント 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561.   リチャード・メイヤー・ケイン カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。 ロンドンに上場するアジア・ウェルス・グループの代表取締役。東京で、メイヤーグループの代表を15年務めた後、現在アキコ夫人と二児とともにバンコク在住。 リチャード・ケインは、アジアにおける資産マネジメントについて、19年以上の実績を持つ。日本人に対しても、国際税務、資産管理に関するコンサルティングを行う。

ETF 上場投資信託

メイヤー・インターナショナル(タイ)のリチャード・ケインは、利息上場に対する対策について、長年コンサルティングを行ってきました。この経験の中で、リチャード・ケインは、ETFのトップ5を、投資家の皆様の投資を守るためにリストアップしました。 次の国際的ETFは、国際市場を魅了するパフォーマンスを上げています。その他のETFにご関心のある方は、バンコクのリチャード・ケインにご連絡ください。 PowerShares DB 3x Itn Trs B Fut ETN (ITLT) PowerShares DB 3x German BD Fut ETN (BUNT) RBS Global Big Pharma ETN (DRGS) iShares Core High Dividend (HDV) PowerShares DB Itn Trs B Fut ETN (ITLY) 利息上昇の対策をETFに頼るのであれば、伝統的なインデックスファンドに比べ、大きな効果を期待できるでしょう。初心者の方にとっては、投資金額の低さが魅力的であり、税対策にも役立ちます。リチャード・ケイン(バンコク)はその点においても的確なアドバイスを行います。 EFTは、インデックスファンドと類似しています。しかし、若干の違いがあります。ネットアセットバリューは、株価と連動します。例えば、終値のようにです。メイヤー・インターナショナルのリチャード・ケインは、日々この動向をウォッチし、投資家の皆様にベストなアドバイスを行っています。 ETFであれば、特定の債券や株式市場に投資することが可能であるため、多様性を持つこともインデックスファンドに比べ容易です。リチャード・ケインは、この点においてもプロフェッショナルであり、ファイナンシャルコンサルティングを行っています。 ETFは売買がフレキシブルなので、とても使いやすいのです。ミューチュアルファンドは、取引終了まで価格がわかりません。長期的な投資を行っている方でも短期的な投資を行っている方にも、いずれにもこの柔軟性は魅力的なのです。 メイヤー・インターナショナルのリチャード・ケインは、18年以上の経験を持ち、ファイナンシャルコンサルタントとして、魅力的なオプションを投資家に提供しています。現在、リチャード・ケインは、日本うぇるすマネジメントの代表も務めています。日本うぇるすマネジメントは、アジア在住の日本人を中心に、国際税務や国際的な財産管理をアドバイスする会社です。 ETFにご関心の投資家はぜひ、バンコクのリチャード・ケインにご相談ください。必要な知識、魅力的なポートフォリオ、投資に必要な全ての手続きなどについて、リチャード・ケインとコンサルタントがご相談に応じます。   お問い合わせはこちらまで。 メイヤー・インターナショナル 代表取締役 リチャード・ケイン (+66) 02 611 2561.   リチャード・メイヤー・ケイン カナダ・モントリオール州ケベック生まれ。 […]

Are you Cheating Yourself With the Label “Conservative?”

In his work as a financial planning consultant, Richard Cayne of Meyer International occasionally meets people that, despite having a good amount of wealth, say that they don’t have use for the services of a financial planner such as himself. “What is their reasoning?” you might ask. The reason is usually that they consider themselves […]

A Primer to Investing in Rental Property in Thailand

There are many ways to invest your hard-earned money and each one has it’s advantages and disadvantages. There are traditional investments such as bonds and mutual funds as well as more modern options such as equity crowdfunding. There are offshore jurisdictions and investing in hot new markets. Real estate is an area of investment that […]

Why I’m Grateful to Richard Cayne – Part 1 of 3

I’m writing this with some trepidation but feel strongly that it must be said. My concern results from what I have witnessed these past three years as the Internet has been bombarded with lies, misinformation and accusations about the man I am writing about. If I were more courageous, I’d not hide behind anonymity and […]